江戸川区自然動物園(2018.09.16)

友人の某ペンギンマスクに誘われて、江戸川区自然動物園へ行ってきました。
とても小さな動物園ですが、なんと無料です。
さらに、ここにはオオアリクイがいました。

なので最初はオオアリクイ。
アイチ(メス)

次はアニモ(オス)


アニモの写真が多いのは、単に撮り易かったからです。
アイチ側は見るための範囲が狭く、いい位置での撮影がしにくいんだわ。
そして、彼らはもうね、チューしまくり。あっちの方でチュー、こっち来てチュー。ラブラブですな。

次はプレーリードッグ。
見ると、妙に太ってる気がする。
この大きなお尻。まん丸になって、これはもう…撫で回したい。

季節からか、一生懸命に落ち葉を巣の中へと運び入れていました。
そのうち1匹が、これでもかと言う位に口一杯を超えた量の葉っぱを咥えて運ぶ。器用です。
もう1匹が真似をしようと、何度もこぼしているのが可愛い。

飼育員のお兄さんが、藁と野菜を置いていってくれました。
飼育員さんは担当が代わったばかりで懐かれてませんでした。ってか、完璧に怖がられてた。
舎内に入ると全員に隠れられちゃうんじゃ、体調管理とか難しそうです。
お兄さんが出ていって暫くすると、その藁を運び入れます。

餌となる野菜の方へは行く子が多くありません。お腹減ってなかったのでしょうかね。
で、そこへ鳩がやってきます。(恒例行事だそうです)


地味な攻防が始まりましたが、鳩は鳥よけのテグスを強引に突破し去っていきました。

ブラウンケナガクモザルという猿がいました。
どの個体を見てもオスのよう。


その理由は「ケナガクモザル  Long-haired Spider Monkey in the Edogawa Zoo.」にありました。ふむ、そーゆーことだったのね(^_^;;

ベネットアカクビワラビー舎の壁は綺麗なイラストが描かれています。なので写真に撮ると面白い絵になりました。

ワシミミズクは、本当に大きいですねぇ。アフリカオオコノハズクを見た後だと大人と子どもです。


ハヤブサは怪我していたところを保護されたそうです。それでもカッコいいですね。
ただ、隣にワシミミズクがいるので、小さく見えます。

ここには他にフンボルトペンギン等、まだまだ沢山います。
が、キリが無くなるので今日はここまでです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)